メインイメージ画像

不動産サイトでもで物件を探すことができる

家賃や間取りなどを貸事務所を探す時に重要視する方は大勢いらっしゃると思いますが、忘れてはならないのがその事務所の構造です。大切なデータを扱っている事務所では、地震などの自然災害に備えておく必要があることでしょう。前回の震災以降、免震設備などにとても高い関心が集まっているようです。そういった点以外にも、鉄骨やRCといった構造によって音の伝わり方などが違いますので、静かな場所で仕事がしたいという方や、近所の迷惑にならないように防音効果の高い物件を選びたいと考えている方はそういった点にも注目してみてください。

イメージ画像

最近ではインターネットで貸事務所を探すという方も増えているようですが、不動産サイトでも「耐震」「RC造」などというキーワードで物件を探すことができるようになってきていますのでとっても便利ですね。これらのように、貸事務所を利用するためには家賃や広さだけでなく、中で働く従業員や大切な情報を災害時に守るために、細部まで考えることが必要になるかもしれません。

貸事務所を利用する時には、間取りなどを見ることはもちろん、細かい点も確認するようにしましょう。例えば、見落としてしまいがちなものに「コンセントの数」があります。

コンピューターを頻繁に使う会社では、コンセントがいくつあるかは非常に重要です。過度にタコ足配線をすると、パソコンの故障や火事になってしまうこともありますので良くないでしょう。事前にどの程度の電力が必要なのか計算しておく必要がありますね。また、元々事務所用ではなかった物件を借りる場合には注意をしましょう。

仕事をしていく上で支障のでる間取りだったり、荷物を運びたいのに住民用のエレベーターしかないので、階段を使わなければならないなんてこともあるのです。せっかく気に入るオフィスがあったとしても、業務に支障があってはだめですよね。それらのことからも、新しいオフィスを探すには、かなり時間的に余裕をもち吟味していくことが大切になるといえるでしょう。