メインイメージ画像

オフィスを構える時!

オフィスを構える際に、賃料に注目する人も多いことでしょう。そんな人は、契約をする時に賃料の改定方法を確認しておかなければなりません。一般的には改正は契約更新の際に行われることが大半なのですが、契約書にある賃料の項目に「甲の申し出によって」などと記載がある場合は注意が必要です。これはオーナーの決定だけで賃料の値上げができるとするものなので、もしも改定された賃料に満足できなくても文句が言えません。

借り手側が安心ができるのは、双方の協議がなければ値上げを実行することができない、「甲乙協議」と書かれた契約書です。後々の問題を回避するために、それらを確認するのを覚えておきましょう。実際に契約をする時には仲介会社が間に立って、双方に満足のいく契約が結べるようにしてくれるので、小さなことであっても何か気になることがあれば、その度に相談して解決することが大切だといえますね。

事務所の引越しをする場合に、最も重要なポイントになるのは、スケジュール管理でしょう。

イメージ画像

引越しする時にはやらなければならないことがいっぱいあるはずです。引っ越し先のオフィスを決めることから始まり、内装工事の業者と相談をしたり、ネットなどの回線を準備しておくこと、取引先や顧客への連絡、引っ越し業者を選ぶことなど、引越しが完了するまで非常に忙しくなります。円滑に作業を進めていく為に、スケジュールの管理はちゃんとしておくことが必要になるでしょう。このような移転について相談することができる専門家もいますので、準備が進まないという方は相談するのはどうでしょうか?新しい事務所に荷物を移し終わったら、今まで使用していた事務所の原状回復をしなければなりません。

一般の住宅とは異なり、カーペットなどは借り手が張り替えることが大半のようです。それらの原状回復は各物件によって義務範囲が違いますので、事前に契約書をチェックして準備しておくことが必要になってくるでしょう。