メインイメージ画像

不動産屋への仲介手数料

イメージ画像

貸事務所を申し込む際には、最初に会社名や代表者の名前、業務内容や取引する銀行などを記入する必要があります。また法人であれば会社企業の登記謄本も必要になりますので、前もって準備しておきましょう。オーナーがこれらの書類で審査を行い、問題がなければ契約ができるはずです。指定日までに、保証金や家賃、不動産屋への仲介手数料などを振り込んでおかなければなりませんので、それらも早めに用意をしておきましょう。

契約をする日には印鑑登録や会社の登記謄本、支払いを証明するための通帳のコピーを用意しなければなりませんので、必要なものを不動産屋などに確認するとよいでしょう。不動産屋側からも重要事項などの説明があると思うのですが、自分の目で隅々まで契約書をチェックし、納得してから捺印しなければなりません。後々のために仲介手数料や保証金などの領収書などは大切に保管することを忘れないようにしましょう。

オフィスを借りる際には、間取りなどを見ることはもちろん、細部もチェックした方が良いでしょう。

例えば、忘れてしまいがちなものとして「コンセントの数」がよく挙げられます。パソコンなどを頻繁に使用する会社では、コンセントが何個あるかは非常に重要です。タコ足配線は、パソコンに負担がかかったり、火事に繋がることもありますので避けた方がいいかもしれませんね。前もってどれくらいの電量が必要になるのか把握しておく必要がありますね。

また、元々テナント用ではない物件を借りる場合には注意をしましょう。業務を進めるうえで支障がある間取りや、荷物を運びたいのに住民用のエレベーターしかなくて、階段を使わなければならないといったこともあるのです。せっかく良いオフィスが見つかったとしても、仕事に差し支えてしまっては意味がないですよね。こういった点からも、新しいオフィスを見つけるには、かなり時間に余裕をもちじっくりと吟味することが大切になるといえることでしょう。